Webで世界を獲るための読書ログ

とあるWebベンチャーでマネージャーをしています

【書評】ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか ピーター・ティール

 

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

 

 

 スタートアップが勝つための唯一の方法を
 競合とは大きく違うどころか、競合がいないので圧倒的に独占できるような全く違うコンセプトを事前に計画し、それに全てを賭けろ
 とし、競争を避けて利益を追求することをイノベーションの源泉とした
 
 とてもリアリストで
 「あいまいな楽観主義」による選択肢の拡大
 分散投資的発想の際限のない競争の世界から積極的に「ドロップアウト」した人物 という表現がしっくり来る
 
 エンジニア主導のシリコンバレーにおいても
 ただ作るだけでは買い手はやってこない。売ろうとしなければ売れないとし営業販売が重要だと説く
 
 グローバリゼーションを水平展開、テクノロジーを垂直展開とするならば
 多くの人は推定展開こそ真だと捉えるが、ティールは垂直展開こそ正だと捉え
 世界の多くの人が信じるものでもそうではない自分なりの仮説を持つことの重要性を訴える
 
 思考の独立性が高く
 現実に立脚したビジネス観を持っていると感じた
 
 
029