Webで世界を獲るための読書ログ

とあるWebベンチャーでマネージャーをしています

【書評】具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ 細谷 功

 

具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ

具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ

 

 

 過度にわかりやすさ(具体)に流れる時代
 具体と抽象を往復しながら、対立構造を理解できる知性を養う
 
 「もっと具体的に言ってよ」とかの会話に代表されるように
    具体(わかりやすさ/善)、抽象(わかりにくい/悪)ことのように捉えられるが
 
 わかりにくいのは、過度に抽象化されているというわけではなく
 具体事象と抽象事象の概念の行き来が少なく、背景の妥当性を感じられないもの
 もしくは、具体事象の例示が乏しく、理解し難いこと
 
 本質理解力は、具体事象から抽象理論を導き出せる力であり
 そこを天才的な感覚ではなく、地をゆく努力で解を確実に導き出せる力のことを言うのではないか
 一方で、短絡的思考は、具体の一つのサンプルを見て、抽象化し結論づけること
 
 法則とパターン認識を捉え、傾向値を抽象化し言語化する力は仕事で活きる
 人に仕事を頼むときもその人の好む自由度の大きさを考慮すべき
 
 抽象的でわかりにくがあるのは、上司が求める具体性とメンバーが理解している具体性に差があり
 より抽象的な表現を使ってしまうので、話がわかりにくい。。。のではないか
 
 下(具体)から上(抽象)は見えないが、上(抽象) から下(具体) は見える構図なので仕方ない
 
---------------------------------------------------------
プロフィール - 細谷功のホームページ http://www.isao-hosoya.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB/
 
東芝原子力開発 8年
・コンサル畑一筋
・「地頭力」をテーマに著書セミナー開催
 
▼著書
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

 

アナロジー思考

アナロジー思考

 

---------------------------------------------------------

 
021