読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webで世界を獲るための読書ログ

とあるWebベンチャーでマネージャーをしています

【書評】やる気のスイッチ

やる気のスイッチ! (Sanctuary books)

やる気のスイッチ! (Sanctuary books)

モチベーションUP系の書籍は結局書いてあることが同じだから ずーっと手にとってなかったけど 騙された。読んで良かったです(久しぶりだから余計に)

何が良いか? 例が使えるものばかり、表現がマイルド。さすがサンクチュアリ出版。 出版社のテイストにわざと合わせているかもしれませんね

何が刺さるかは各人のコンディション次第だと思うので ぜひ、ビレッジバンガードでお手にとって確認してみてください

116

【書評】7000人のエグゼクティブに学んだ 30代からの男の磨き方

7000人のエグゼクティブに学んだ 30代からの男の磨き方

7000人のエグゼクティブに学んだ 30代からの男の磨き方

インテリジェンス出身、現在は転職、結婚のサポートをしている エグゼクティブ、できる人の仕事術、プライベートの過ごし方などを様々な切り口で紹介している

若干これだけ読むと成り上がれ系の書籍なので 敬遠しがちだが、20代がむしゃらにやってきたビジネスマンが 30代に差し掛かった時に、普通で終わるか、本著を引用するとエグゼクティブに別れるか その分水嶺にたった時に、どう行動を変えていくのかという切り口で読むと面白い

著者も苦しんだであろう形跡もあるため より一層言葉が入ってくる

さらっと読めるために、30代ぼーっとし始めた ビジネスマンにはぜひ手にとってもらいたい

印象に残った一文を引用

30代で逃げた男には、死ぬまで同じところをぐるぐる回る回遊魚の人生しか残されていない

115

【書評】外資系の流儀 佐藤知恵

外資系の流儀 (新潮新書)

外資系の流儀 (新潮新書)

NHKを出て、ボスコンで働いた著者が自らの経験とインタビューを通じて 外資系企業の全貌を明らかにした入門書 とにかく読みやすい

人事の仕事をさせていただくと 盲目的に学生が外資に憧れを抱いている人が多いですが やはり年収と相対するように激しい競争環境に置かれることがよく分かる

また、個人的に抜けていた観点としては 外資とはいえ、あくまでも本国から見た時の一地方法人でしかないために ローカライズが進んでいない拠点での閉ざされた出世チャンスなどは 大変興味深く、実態を知るという意味では価値のある一冊だった

114

【書評】イーロン・マスク 未来を創る男 アシュリー・バンス

イーロン・マスク 未来を創る男

イーロン・マスク 未来を創る男

イーロン・マスクが認めた自叙伝 海外の書籍を日本語化した時のあの独特な読みにくさはなく ささっとページを読み進めやすい

事実に基づいて書かれているからであろう マスクを幼少期から調べあげ200人に及ぶインタビューを経て書かれている 一読の価値はある

成功者への嫉妬も含めて 報じられている中ではマスクはの破天荒さばかり目立ち 実態の見えにくい実業家だなと思いました

マスクの取り組みを知るまでは シリコンバレーイノベーションに対する期待がそんなに下がっているなんて知らず 知らなかったがゆえにマスクの既存産業をディスラプトするような会社を3社経営していることの 価値、敬意が湧いてきました

決して曲げない信念を持つことを マスクから教えてもらったように感じます

↓こっちもありますが、あまりお勧めではないです

イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者

イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者

113

【書評】電通「鬼十則」

電通「鬼十則」 (PHP文庫)

電通「鬼十則」 (PHP文庫)

電通の第4代代表取締役社長で広告の鬼とも呼ばれた吉田秀雄の残した 電通鬼十則を紐解く一冊

鬼十則とは、苦難の時代を乗り切るために必要な「仕事に対する考え方」をまとめたもの ただ、表現が激烈なため、敬遠されがちがもしれませんが

どこぞの当たり障りのない社訓よりも 具体的な行動指針に落ちており 特に高い目標を追っている営業マンにとってはハッとさせられる内容になっているはず

著書としての仕上がりは 若干、著者の解説に偏りがあるため 読み進めるには苦心するが、鬼十則を噛み締めることには意義はあると思う

こんな素敵なページも見つめました ぜひ、読んでみてください コミック「電通鬼十則」 | はじめてWEB http://hajimeteweb.jp/comics/onijyu/

112

【書評】BCGの特訓 ―成長し続ける人材を生む徒弟制

 

BCGの特訓 ―成長し続ける人材を生む徒弟制

BCGの特訓 ―成長し続ける人材を生む徒弟制

 

 

思いの外感化される部分がなく
さらっと読めた割に、何も残らなかった、、、
 
パートナーの人材育成論の言語化のようだが
コンサルを受けているかのような安心感を得る一方で
探していた何かを見つける手がかりが得られなかった
 
そこまでとことん人や育成に向かってないから?
泥くさい部分はあえて掲載してない?
 
結局のところ、人材育成の特訓も何も、普通なことをやるだけであり
そのやりきり具合で成果が規定されるため
何をやるかについては目新しい情報はない?
 
など考えられるが
にしても、育成にあたっている人ならではの
いかんともしがたい状況を突破した生々しい話が聞きたかった
 
言い過ぎかもしれません、すみません
期待していたから余計に残念具合が激しい…
別のBCG本も読んでみます
 
 111

【書評】伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い

 

伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い

伝説の新人 20代でチャンスをつかみ突き抜ける人の10の違い

 

 

久々に超ナナメ読み(2度目の投稿w)
リクルートイズムなのか登場するキーワード見れば
どんな場面でどんな課題をかかえたメンバーに言うかまでセットでイメージできる
仕事をうまくやるための普遍的なエッセンスであり、数多くのビジネスマンを救ってきた金言がまとまっている

 

一方で、私が社会に出た十年前と今ではビジネス環境は大きく違って来ており
果たして過去感銘を受けた金言達は今も、これからも普遍的に価値のある文言なのか
想像が掻き立てられた

 

自分の子供が社会に出る頃には
一万時間の法則なんて古いよ
なんて言われたり、気合い根性がより陳腐化される時代が来るかもしれませんね

それはそれで、より生産性の高いビジネス手法が編み出されていることでもあるので、楽しいですが

 
 
▼気になったKW群

ビジネスはスタートダッシュだ
突き抜けたものに機会は集中する
基準を上げる
バッターボックスに数多くたつ
チャンスの女神は前髪しかない
一万時間の法則
仕事はできる人に集中する
頼まれ事は試され事
虫の目、鳥の目、魚の目
第一想起される側に
まず相手を好きになる
守破離

 

110